読者が何を求めているのかわからない時にすること(小月隊長からのご質問)【小川議事録200】

こんにちは!アイマーチャントの小川(@ogawakenta)です。

昨日は池袋でマーチャントクラブ勉強会が開催されまして、伊藤さんによる「「23.8万円~164万円の高額商品をZoomオンラインセミナーで売ってみた」WEBセールス実践レポ―ト」セミナーが開催されました。今回も素晴らしいセミナーで、たくさんの閃きをいただいたのですが…今回はセミナーの直前に収録した音声をお届け致します。(セミナーの話はまた次回です。)

今回の休日会議は第200回目のメモリアル回なのですが、後述するとある事情から全く準備ができず、ギリギリで収録した音声となっております。(17日は勉強会と懇親会、18日は補講と打ち合わせがあり記事更新が鬼ほど遅れました。すみません。)

既に複数人の方からご指摘いただいておりますが、現在サイトに不具合が発生しており、多大なるご迷惑をおかけしております。僕の力では何もできないのが正直なところなのですが、リアルタイムで復旧作業をお願いしております。(安達さん、ありがとうございます!)プロの力は凄いです。

また、小月隊長からいただいたご質問について回答させていただいていたり、教えていただいた「お勧めのマンガ2冊」も紹介させていただいております。

Twitter上では140文字に収まる範囲でしか公開できていませんが、LINE@では「5分で読める休日会議」として音声のポイントを書き起こした内容を配信しております。興味のある方はご登録くださいませ。(宣伝)毎回、宣伝するごとに1人ずつぐらい増えている感覚があるので、しばらくこのまま続けてみます。(笑)

→ LINE@への登録はこちらからお願いいたします。

※PCの方は「@tlg4179g」で検索をお願いいたします。

なお、今回は時間の都合で「100回前を振り返るコーナー」をお休みさせていただいております。

読者が何を求めているのかわからない時にすること(小月隊長からのご質問)

今回、小月隊長からいただいたご質問はこちらとなります。(いつも、ありがとうございます!)

小川さん、菅さん、お世話になっております。
以前の質問は、ありがとうございました。
今回は、新たな質問があります。
現在、私はなんとかアフィリエイトを行っていますが、どうやらターゲットに対して、考えられないらしく、かなり時間がかかりそうです。
相手が何が欲しくて、どうすれば喜ぶのかが全く見えていないみたいです。
特に指摘されることが多く、これは単純に数をこなせばいいのか、それともセンスでしかないのか、かなーり、悩んでいます。
とはいえ、微力ながら、アドバイスを頂けると助かります。
ちなみにですが、休日会議168回の収録時、後ろでコッコッコッ、なんか音が鳴っていますが、ニワトリでも飼っているのでしょうか?

情報発信をする上で「何を発信して良いのかわからない」という悩みは、誰しも抱えたことがあるのではないでしょうか?実際に挑戦してみたことがある人はわかると思うのですが、自分自身が「これを伝えたい!」と思って情報発信をしてものの、全く読まれないということは多々あります。(特に初期段階において)

誰からもリアクションを貰えないと「自分のメッセージは必要とされていない」と感じて気持ちが折れてしまう人は多いです。実際には内容が悪いというわけではなくて、「自分が伝えたいこと」と「読み手が知りたいこと」にギャップが生じてしまっているだけなんですよね。

あとは構成の問題です。読み手は「知りたいことを知りたい」のですから、まずは「読者が知りたい答え」を提示して、自分の主張はそのあとに持ってくる方が読まれる記事となるのは当たり前ですよね。そして「読者が知りたい答え」のヒントは「読者が抱えている悩み」にあります。自分が抱えている悩みの解決策が記事に書かれているのであれば、記事は読まれます。

言ってしまえば、この記事は小月隊長は絶対読むと思うんですよね。タイトルを見て「自分に関係あることだ」と思ってくれるはずだからです。ちょっと極端ですが、この記事は「読者(小月隊長)が知りたい答え」が書かれている記事の一例です。(少しでもイメージが湧いてくれると嬉しいです。)

読み手が知りたい情報を書くためには「読者が抱える悩み」をしっかりと拾う必要があります。今回は、小月隊長に悩みを投稿していただいたのでリサーチはしていませんが、ネット上にはあらゆる場所に悩みが散りばめられていますよね。Yahoo!知恵袋などの悩み掲示板やTwitterでのつぶやき、Amazonの書籍レビューや雑誌の特集コーナー、LP上のお客様の声などなど…いくらでも悩みの声を拾うことができます。それらの悩みの声を拾って、解決するための方法論を伝えていることを続けていれば、悩みを持った人の方から近づいてきてくれるものです。(インターネットって凄いです。)

「実践あるのみ」なので、是非試してみてください!

それでは、本編はこちらからどうぞ!

→ 【第200回休日会議】(音声直リンク)

 

追伸:「お勧めのマンガ」はまだまだ募集しております。ぜひ教えてください!

きっと、自分のように「あまりにもガチのレビューで出る幕がない…」と感じている方もいらっしゃるかと思います。僕も気軽にマンガの話がしたいので、軽い気持ちでのご投稿も心よりお待ちしております。(切実)今の状態では「稲中卓球部が好き」なんて、口が裂けても言えません…笑

ご連絡、お待ちしております!


2018年よりLINE@を始めてみました。最新話の文字ベースでの書き起こしを中心に配信しています。(勝手に「5分で読める休日会議」と名付けました、)休日会議のお題などもお気軽にお問い合わせください!

→ LINE@への登録はこちらからお願いいたします。

PCの方は「@tlg4179g」で検索をお願いいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、大学3年の時に菅の著書を読んで、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担う等、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。 商品やサービスの開発、販促、LTVの向上施策を会員に指導しながら菅の新企画が面白そうな場合のみ、率先して関わるという楽しさ最優先の自由人。