正直で素直なオファーは埋もれるしかないのか?という相談【第207回休日会議】


嘘でも何でも、お客さんの興味を引けなければプロモーションはうまくいかないのではないか、その後の教育過程でしっかりと話を聞いてもらって導けば何の問題もないのではないか‥と相談を受けました。これは様々な危ういセールスプロモーションに毒されて視野が狭くなっている状態です。

興味を持ってもらうために「あえてやる事」というのもありますが、それも度が過ぎちゃったら悪質。このバランスは個々に寄りけりで、己の美善に従うまでですが、ちょっと興味深かったので、本編の休日会議と内容が違うのですが取り上げてみました。

※写真は地元の東久留米。一歩踏み入れると東京には見えない♡

人は、真実より「もしかしたらの偽り」に魅了されやすい

多くの人達は、ワンチャンあるかも‥!!という情報に対して非常に弱い。心の中では嘘だと思っていても、もしかしたらイケるのかも‥と脳内が肯定しはじめちゃう。こうした経験が一度はあるという方、多いと思います。

例えば、毎月2〜3件、着実に無料相談や見積もりが来る仕組みが出来あがって、モニターの成果も上々だとしましょう。素晴らしいですよね!でも、この「成果」や「ベネフィット」を、どストレートに正直に伝えると、逆にその他の情報に埋もれて霞むのがWEBの怖いところです。地味なオファーで魅力を感じないという麻痺した感覚になるわけです。

それよりも、毎日1分の作業で最大月収1000万!というようなフレーズに「もしかして本当かも‥」と期待を寄せてドツボにハマる、この流れは十数年前から変わりません。最近では仮想通貨のICO関連でしょうか。販売者も購入者も「楽」をキーワードに、お金だけに目を向けている人が群がる残念な形が大半です。

複数のLPを作って反応を比べても、いかに楽をして簡単に今すぐ誰でも出来るのか、このニュアンスに近いLPの登録率が突き抜けるとの事。ただ、そのLPから全うなサービスへの成約率は著しく低くなる(※テスト済みの友人談)。理想と現実のギャップが埋まらないまま、セールスに移っちゃう形であれば当然の流れですよね。

正直に、真摯に取り組んでいる人達が報われる流れにならないのは、単純に視点の問題。周囲の誇大広告を、無意識的に比較対象にしているためです。でも、客観的に見て理由がわかれば、解決策は出てくるもの!大丈夫です♡

個々のビジネスの成長は、飛び込んだ環境によって大きく変わるのは紛れもない真実ですが、積み重ねて、継続して育んで、どれだけ顧客にしっかりと向き合うかという「在り方」があってこそ。

誇大表現のレターと比較対象にされて埋もれないための施策

この流れを解消するための方法は3つあります。

1つは顧客対象を変える。誇大な数字や表現に浮き足立つ人達を対象から変える事で解消できます。が、いわゆるリテラシーが低い人達の市場は大きいため、リーチ出来る幅は狭まります。少ない人数に手厚いサポートという形で価格帯を上げてバランスを取りましょう。

2つめは、事前に強い興味のある人だけに絞ったセールスをかける事。具体的にはLPの段階でターゲットを深く絞る。決して広く興味づけをするのではなく、PodcastならPodcastに興味のある人達のみが登録する流れを作る。

例えば、FacebookやYoutube等のメディアで、うまく活用出来ていない方、何かハマらなくて他の方法を模索している方は一定数います。そうした方々に向けて、これだけの実績が出ていて、現在進行形で運用していて、数年間分の蓄積されたデータに基づいた攻略方法がありますよ!となれば、Podcastに興味を持った人だけがLPに登録をする流れになります。

3つめは、オフライン中心に活動している方々へのアプローチです。堅実に積み重ねを継続してビジネスを育んでいる方も多く、こちらから飛び込む事で接点を作るのは難しくありません。

WEBと比べて効率が悪いと感じる方もいるかもしれませんが、ASPマーケティングでアフィリエイターさんと接点を持つのと同様に、オフラインでも同じ形で提携していく事が可能です。

視点を少し変える、視野の幅を少し広くするだけ景色は一変します。

明日からまた1週間。誰に喜んでもらおうかリストアップしましょう

力をつければつけるほど、このリストアップの時間がワクワクします♡

脇目も振らずに日々前進!!積み重ねや継続の指針がない場合はシンプルに考えて、明日から1週間、誰に喜んでもらおうかピックアップしてみましょう!顔が浮かぶ人の力になれたら、その積み重ねは大きな財産になります。

休日会議は、今日の話とは関係なく‥花粉でぐったりしている相変わらずのテンションでお届けします。照

【第207回休日会議】
ノウハウや方法論が生み出されるまでの工程

 

ABOUTこの記事をかいた人

小資金ビジネスプロデューサー 株式会社アイマーチャント代表取締役 自社を含めて8社の会社役員を務める経営者。個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開できるビジネスモデルを構築。編集者型モデル、箱型モデル、サービス利鞘モデル、量産型会員制モデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。 就職と起業が、全ての方にとって同列の選択肢となる時代作りを目標に、セミナーや講演を通じて対面を中心とした出会いの場を各所で展開。好きな事は起業志望者や経営者との交流。プライベートの友人も99%がビジネスで出会ったクライアントやパートナー。 一番の趣味は家族団欒(愛犬も)