視点を変えれば誰でも価値あるコンテンツを生み出せる【第149回休日会議】


誰もが価値あるコンテンツを生み出せる方法をお伝えします。例えば、あなたが「実践しようと思いながらもなかなか行動が出来ない」という状態だったとしても、それ自体を価値に変えて、多くの経営者にメモを取らせる事もできます。自分自身を顧客対象と見立てる事で、自分自身が感じた全ての事柄がデータとしての価値を生みます。

また、今の自分自身に実績がなかったとしても、価値あるコンテンツはいくらでも生み出す事ができます。例えば情報過多の今、代わりに調べて、代わりに実践して検証し、代わりにシェアしてくれる人がどうでしょうか?

その価値の引きを強くするためにはタイトルも凄く大切です。それは、明らかに「時間対効果」を感じるものである事。例えば、僕はあまり本を読まないので、分厚い専門書に書かれている事を仮にPDF1ページにまとめてくれたとしたら、即ダウンロードします。ボリュームで見せるという形もありますが、その時は圧倒的ではない限り、同じ効果を得られるのであればシンプルで短い方が良いです。

Twitterでは140文字以内で1センテンスずつお伝えしています。

Twitterでも時々お役立ち投稿しているので、良かったらフォロー下さい♡

本日はマーチャントクラブのバックオプションで、健太のコンサルティングを受けているメンバーに集まっていただきました。林大五郎さん、青木拓也さん、大野拓也さん、中山達也さんの4名をお迎えしてお届けします。

【第149回休日会議 】
視点を変えれば誰でも価値あるコンテンツを生み出せる

 

ABOUTこの記事をかいた人

菅智晃

小資金ビジネスプロデューサー 株式会社アイマーチャント代表取締役 自社を含めて8社の会社役員を務める経営者。個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開できるビジネスモデルを構築。編集者型モデル、箱型モデル、サービス利鞘モデル、量産型会員制モデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。 就職と起業が、全ての方にとって同列の選択肢となる時代作りを目標に、セミナーや講演を通じて対面を中心とした出会いの場を各所で展開。好きな事は起業志望者や経営者との交流。プライベートの友人も99%がビジネスで出会ったクライアントやパートナー。 一番の趣味は家族団欒(愛犬も)