矛盾と向き合うバランス感覚はコピーされない【第211回休日会議】

日曜日の午後7時過ぎから健太とzoomで収録!いやー、GW中は健太が新潟に旅立っていた事もあるのですが、本日もギリギリ間に合いました。僕はというと、GWは家族イベントがありつつも、販売力向上会議の準備や打ち合わせを大満喫。

5月26日に開催される販売力向上会議は現在191名。交流会込みのVIPは満員となり、一般参加も間も無く満員となります。動画配信もありませんので、その目でしかと「集客と販売の今」を吸収してもらえたらと思っています。

年商規模に関わらず、これだけ専門性が細分化されている中で、オンライン〜オフラインまで全てに精通して詳しい人はまずいません。何か1つでも持ち帰ってもらえたらという思いと、今回集まる参加者との交流を満喫してほしいと思っています。

同じ事を学び実践しても大きな差がつく要素とは

本日の休日会議では、バランスについて僕なりの見解をお伝えしました。例えば、頑なに自分の意見を貫き通す事も大事だけれど、臨機応変に取り入れた方が良い時もあります。また、効率化していく事で時間を生み出すのも大事だけれど、時にとことん向き合ってアナログ部分に時間を割く事も大事。

この「時に」真逆に針を振るというバランスが、非常にコピーしづらい部分で、AIが進化しようともなかなか再現出来ない部分だと思うんです。僕が凄いなと思う経営者の方々は、このバランス感覚がもしかして絶妙なのではないかと現在検証中です。

両極にある真逆の考えの中でどうバランスをとるのか。理念や描いているスケール、目的という1本線を中心にして、どう矛盾とのバランスを取っていくか。こういう事を考えた事がある人もいると思います。

そんな夜間収録、真夜中配信の休日会議、どうぞお聴きください。

【第211回休日会議】
矛盾と向き合うバランス感覚はコピーされない

 

ABOUTこの記事をかいた人

小資金ビジネスプロデューサー 株式会社アイマーチャント代表取締役 自社を含めて8社の会社役員を務める経営者。個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開できるビジネスモデルを構築。編集者型モデル、箱型モデル、サービス利鞘モデル、量産型会員制モデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。 就職と起業が、全ての方にとって同列の選択肢となる時代作りを目標に、セミナーや講演を通じて対面を中心とした出会いの場を各所で展開。好きな事は起業志望者や経営者との交流。プライベートの友人も99%がビジネスで出会ったクライアントやパートナー。 一番の趣味は家族団欒(愛犬も)