時間を短縮(効率化)させる仕組みと考え方【第191回休日会議】



フロント商品を自社で開発し、バックエンドは他社商品の紹介成約。もしくはフロント商品を他社商品にして、バックエンドは自社商品。必ずしも自社で全てを用意する必要はないという1つの例ですが、時として組み合わせる事でスピードは倍増していきます。

また、自分がリリースするよりも、これから始める人に結果を出してもらって、その人のコンテンツとしてリリースした方が反応が著しく向上するケースもあります。話題性を味方につける事によって販促が楽になります。

取材をしてコンテンツを作る上でも、既にファンが着いている人や、オフラインで影響力がある人など、売れる条件が整っている人のみ絞ればスピード感をもって売上を出していけます。SEO対策に関しては、無数の商品を扱う場合にはアフィリエイターの力を借りたり、自分がほしいキーワードで上位表示している人へバナー掲載交渉などなど。

重要なのは、学んだノウハウやビジネスモデルを全て自分で構築するのではなく、どんどん人を介在させていく事で時間効率は上がっていきます。という事で本日は伊藤勘司さんの出版記念トークライブの振り返りです♡

ーー

昨日は2017年最後のマーチャントクラブ勉強会。ついつい寝るタイミングを失って徹夜で挑みましたが、佐藤旭さんのブロガー進化論は濃厚でした。

本日の休日会議は勉強会30分前に池袋西口のベローチェで録りました。音声配信は環境を拘れば色々と準備が必要ですが、場所を選ばずパっと取れるからこそ、僕らは191週連続でお届けできているのかもしれません。

【第191回休日会議 】
時間効率(短縮)させる仕組みと考え方

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

菅智晃

小資金ビジネスプロデューサー 株式会社アイマーチャント代表取締役 自社を含めて8社の会社役員を務める経営者。個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開できるビジネスモデルを構築。編集者型モデル、箱型モデル、サービス利鞘モデル、量産型会員制モデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。 就職と起業が、全ての方にとって同列の選択肢となる時代作りを目標に、セミナーや講演を通じて対面を中心とした出会いの場を各所で展開。好きな事は起業志望者や経営者との交流。プライベートの友人も99%がビジネスで出会ったクライアントやパートナー。 一番の趣味は家族団欒(愛犬も)