ある日突然、積み上げたものが崩れ去ったら…【小川議事録138】

img_0029

こんにちは!アイマーチャントの小川です。

今日はバックアップオプションの補講の日でして、朝からコーヒーを飲みながら優雅な時間を過ごしてきました。(←記事更新が遅くなった言い訳です。)僕にとって良いアウトプットの場所でして、お伝えさせていただく中で僕自身が一番刺激を受けていたりします。教える側が一番勉強になると言うのは本当ですね。今日も良き日でした!

12月9日(金)に「人生もビジネスも流されていればうまくいく」出版トークイベントが開催されました!今回、音声を収録したタイミングはトークイベントに出かける直前でしたので「どういった話をしたのか?」という部分は、音声をチェックしていただけると分かる形となっています。(笑)

僕は、えんまりさんと菅さんによる素敵なトークイベントの司会として参加させていただきました。ほぼ満員の会場でガチガチに緊張してしまったことは、ここだけの秘密ではありますが、司会と言うのもなかなか難しいものですね。反省点も多くありますが、確実に1つ経験値を積むことができました。(当日の写真を手に入れるのが間に合わず、記事に使えなかったのが残念です…orz)トークイベントの振り返りは、次回以降の休日会議でお届けすると思いますので、しばしお待ちいただければ幸いです!

いつも通り「100回前を振り返るコーナー」も開催しております。第38回休日会議は「刺激」の話題から「セミナー」、「プロモーションの流れ」まで、幅広く展開されていいますので、そちらも合わせてチェックしてみてください!

【第38回休日会議】小資金でも勝てるプロモーション方法

2015.01.11

【小川議事録38】小さな文字で大きなことを

2015.01.11

ある日突然、積み上げたものが崩れ去ったら…

今回の音声では「僕が単純に聞いてみたいこと」として、1つの質問を菅さんにぶつけてみました。この話題を聞いてみようと思ったキッカケはWeb上で見かけた1つの記事でした。

→ 42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで

僕にとって心地良い言葉は「成長」という言葉でして、「昔は出来なかったことが出来るようになる事」に喜びを感じる性質があります。だからこそ「昨日の自分を少しでも超えるように努力する」といった考え方が好きなわけですが、記事をキッカケとして、ある日突然、昨日の自分よりも圧倒的に劣るようになったとしたら…ということを考えてみたのでした。

真っ先に出てきた答えは、単純に「塞ぎ込む自信がある」という答えだったのですが、菅さんの意見を聞いた後に改めて考えてみると、違った答えが出てきたな…と思うのです。(菅さんがどのように答えたのかは、音声をご確認ください!)

結論からまとめてみると…「今まで積み上げてきたものが突然0になったとしたら、また1から積み重ね始めるしかない」です。当然ショックは受けるでしょうし、しばらくは受け入れることができないはずです。でも、いくら嘆いたところで無くなってしまったモノは帰ってきませんし、積み重ねることを辞める理由にはならないのです。

現実に起きていないことなので「キレイゴト」ではありますが、僕が信じている「可能性は誰にでも開かれている」という言葉を信じるほかありません。「思い立ったが吉日」ということわざもありますが、何をするにしても「遅すぎる」ということはありませんよね。0の状態から1つずつ足していくことを常にイメージしながら、2016年も駆け抜けていきたいと思った次第です。

2016年も残すところあと半月!できることを1つずつやっていきましょう!!

本編はコチラからどうぞ!

→ 信頼関係の構築という数値化できない部分について【第138回休日会議】

itunes

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、大学3年の時に菅の著書を読んで、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担う等、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。 商品やサービスの開発、販促、LTVの向上施策を会員に指導しながら菅の新企画が面白そうな場合のみ、率先して関わるという楽しさ最優先の自由人。